失踪人調査ステップ7 No comments

家族の失踪に、信頼できる探偵に依頼するための前準備7つのステップ

自分の兄弟というのは家族であり、特別な絆があるものです。その兄弟のうちの1人が失踪してしまい、どこにいるのかわからないということになれば元気に暮らしているのだろうか。その人の性格を考えるととても不安になるのは無理ありません。なにかの事件に巻き込まれている可能性さえないとは言い切れませんし、ひっそりと孤立したような生活をしているのかもしれません。そのような状況だとどうしてもネガティブ思考になってしまい、最悪のケースを想像してしまう自分がいたりするのです。ではそのような場合にはどのようにすればいいのでしょうか。

その状況で頼りになるのが家出捜索をしてくれる探偵の存在です。探偵は訓練を受けているその道のスペシャリストであり、見つけ出すことへのノウハウを持っていますので、依頼することができるに違いありません。

■ステップ1
失踪した人の最近の様子、最近どんな様子だったかを思い出すことです。

■ステップ2
財布を置いていったのか、持っていっったのか、クレジットカードやキャッシュカードはどうなのかを周辺を探すことです。

■ステップ3
探偵事務所はいろいろあるのですが、そうした家出捜索に関して実績を上げていてそれを得意にしている業者もありますので、探してみることができるでしょう。そのような業者は発見率が80%を超えているので、かなり期待が持てるに違いありません。

■ステップ4
失踪してしまった兄弟の特徴や性格、最も最近の写真、その他なんでも参考になることは伝えて捜索に協力することができます。

■ステップ5
そして探偵事務所での話し合いでは費用がどのくらいかかるのかということに関してあいまいではなく、はっきりとした数字をできるだけ出してもらうようにすることができるでしょう。そうすれば後で自分の予想とは違うような金額を提示されるという経験をすることなく受け入れることができるでしょう。

■ステップ6
契約を行うことです。もちろん探偵と納得の行く契約書を結んでからとなります。

■ステップ7
探偵に協力をすることです。しかし自らが探す活動をしてしまうと逆に足を引っ張る可能性があるため任せる所は全て任せてしまって良いと思います。

自分の兄弟を見つけることができれば事情はどうあれ素直に喜ぶことができますからね。

参考:人探し今すぐ!探偵を使う方法

人探しの方法の1つとして探偵に依頼しても解決しない場合があることを予め理解しておく必要があります。

それは意図的に姿をくらました人を探すのは困難であるためです。家出人が捜索されていると知れば、更に場所を変えて移動、逃げる可能性もあります。

高い費用を払って人探しを依頼しても駄目だったという覚悟も必要なのです。

このような事例もあるので過信は禁物で、可能性にかけてみるという事になります。

失踪人調査ステップ7 No comments

祖母の年金を巡る母の弟の家出についてお話しします

昔、祖母の家が火事になり、祖母がその煙を吸って入院をしました。その入院費は私の母の弟が管理しています。祖母はボケで持っている年金を使うことが出来ません。入院費にしか年金を使っていないため、今では祖母の全財産は600万円です。ちょっと話がそれちゃいましたが、母の弟が管理している入院費つまり年金を勝手に自分のものとして使い始めたのです。入院費も払わず、家出をしてしまいました。警察に捜索願いを出そうにも捜索願いをしたところで本人が何かの事件に巻き込まれていることが確定していない限り、警察は本気で捜してくれません。捜してくれたとしても年金を勝手に使っていたことについて話をされ、逮捕される可能性があるので出来ればそれは避けたいと思いました。母の弟も本当は思いやりのある人で決して悪い人では無いんですよ。ただ、他人よりもちょっと弱いところがあるのが否めないだけで本当はいい人なのです。結果的に、母の弟は戻ってきました。祖母の入院費も払わず、年金を勝手に使っていたことについては許されることではありませんが、これを機に弱いところを克服して色んな人に役立てる人間になれたらいいと思います。それから数年経ちました。母の弟はあれ以来、変な騒動を起こすことも無く、母に会うたびに頑張ろうという意識が芽生えてきたようです。わたしも期待しているので、今度は悪い意味では無く、いい意味で騒動を起こして欲しいと思いました。

失踪人調査ステップ7 No comments

家の近くを探せ!妹が家出して帰ってこなくなったけど、すぐ近くにいた

妹が学校になじめなくなり、しだいに学校にも行かなくなってきて家にも帰ってこなくなるようになりました。

一体どこに行っているんだろうと心配していたんですが、ある日近くの妹の同級生の家の人からうちで預かっているという連絡があってホッとしたのですけど、でもやっぱり帰ってこなくてそんなに何日も帰ってこなくて、そんなに何日も学校にも行かずに人様の家にお邪魔になっているなんてよくないと思って、親が迎えに行ったのですが、親が説得に行っても全然聞く耳を持たずにやっぱり帰ってきませんでした。

そもそも、その同級生の子も学校に行っていない友達を家に住まわせるなんてちょっとおかしいし、その同級生の子自体学校に行っているのかどうかわかりません。

そんなところにいて大丈夫なんだろうかと思っていたんですが、案の定、その同級生の親戚というとても堅気の人とは思えないようなチンピラが家に乗りこんできて、家に置いてやるのもタダじゃないんだから、食費や家賃を払えと脅してきました。

こちらとしては早く帰ってきてもらいたいのに、未成年を親の意思に反して勝手に家に置いてお金を請求するなんて誘拐と同じじゃないかと思ったのですが、警察に相談しても特に何の反応もなく娘さんが帰りたくないといってるんだからしょうがないで終わりでした。

お金は払うことはありませんでしたが、その後すぐに帰ってきました。

そのチンピラが金を取れないと踏んで追い出されたのかもしれません。

家出したいような少女を狙ってる悪いやつと言うのはそこらじゅうにいるんだなと恐くなりました。

失踪人調査ステップ7 No comments

何気ない顔で家に遊びに来た叔母、ところがそれは家出だった

1年ほど前に叔母が朝電話をくれ、遊びに来たことがありました。

いつも遊ぶ時は前日に連絡をくれるのに、今日は珍しいなと思いました。

ちょっと顔が疲れているようでしたが、その時は特に気にしないで色々な話等をしていました。

10時くらいになったら適当に買い物に行ったり、それから帰ってきてからは私の部屋でゲームをしたりして遊びました。

そして夜夕飯を作っている時に、祖母から電話がありました。

そちらに叔母が来ていないか、という電話でした。

来ていて今夕食を作っていると伝えると、ちょっと大変なんだと祖母が言いました。

話を聞いてみると、従兄弟(叔母の息子)がやたらこちらに親が来ていないかということでメールや電話を寄越しているとのことでした。

これは伝えないとマズイということで電話を切ると、私の携帯にも「親がそちらに来てないか」と従兄弟からメールが入っていました。

これはどういうことなんだと叔母に言うと、何でも息子のDVに耐え切れなくなって家を飛び出してきたのだそうです。

今までもそうしたことが私の知らないところでは起こっていたようで、今回は私達に心配をかけまいとして普通に振舞っていたようです。

家出先に私の家を選んだのは、祖母達ほど物事を大きくしなさそうだし、ネカフェに行くよりお金がかからないからとのことでした。

それならそうともっと早くに行ってくれれば、疲れた身体を労れたのになと思いました。

家族からすれば失踪ですので、結果的に大事になってしまいましたが、私が叔母を数日匿っていたことは従兄弟には内密にしておきました。

失踪人調査ステップ7 No comments

二十歳になったばかりの息子と大喧嘩をしたら、家出をしました

息子はまだ大学生です。でももう二十歳になったので、もっと大人の自覚を持ってもらいたかったのです。それなのにいつまでもアルバイトもせずに、親のお金で遊びまわっていました。三日もかえってこなくなって、私は我慢できずに大喧嘩をしたのです。

ひどい事は言ったかもしれません。でも息子も私に手をあげたのです。それで我慢できずに「出ていきなさい」と言ってしまったのです。

息子は家出をしました。一週間帰ってこなくなて、さすがの私も心配になったのです。母子家庭で甘やかして育てていたのです。お父さんがいないからと、もっとしっかりした大人になってほしいと思っていたのに私はかなり甘やかしていたのでしょう。

とても心配になっていろいろと探しましたが、どこにもいないのです。誰に聞いても知らないと言われました。だから私は最後の手段でもある探偵に依頼をしたのです。探偵に依頼するのはこれが初めてです。「お任せください」と自信を持って言われたので、安心して任せる事ができたのです。

すると一週間で居所がわかったのです。なんと仕事で遠くへ行っている友人のところにいたのです。私でもそこまでわかりませんでした。さすが探偵です。お金がかなりかかりましたが、やっと見つける事ができたのです。

写真を見せてもらいましたが、そこにはいつも通りの息子が写っていました。とりあえずホッとしました。

何度も話し合いをしました。そしてその一か月後、やっと帰ってきました。また以前のように、親子をやっていこうと思います。

成人しているので失踪人として扱わずにいることが大事だと思います。

失踪人調査ステップ7 No comments

兄が嫁に愛想を尽かせて家出をしてしまいました

私の兄は8年前に東南アジアの女性とできちゃった婚をしました。お金もなかった当初、夫婦は兄の実家で生活していました。両親は気乗りしませんでしたが仕方が無いといった感じでした。両親、兄夫婦と子供、妹の私という家族構成でした。

お嫁さんは私たちとは価値観が違い、生活も違いました。

とにかく辛いものが大好きで、香辛料を使った料理をして、家中に充満する辛い臭いに両親がむせ返ることもしばしば。子供が幼稚園に上がっても日本語の勉強を頑張ることも無く、相変わらず簡単な日常会話しかできませんでした。園から来た連絡などは家族の誰かにそのまま渡して、どういう意味だと聞いてきます。手続きだって家の人にやらせます。

日本人の嫁としての自覚が見られず、日本語を覚えて頑張ろうという姿勢も見られない割には、母国に帰るつもりは無いと言います。

そんな態度にいつしか兄の気持ちも冷めて、離婚を持ちかけるようになりました。

彼女は母国に帰るつもりも無いため、離婚を拒み、離婚届にサインをするつもりは無いようでした。私と両親も、喧嘩ばかりでうまく行っていないのに結婚生活を続けるのは子供にとってどうなのかと考え、嫁さんとはしばしば離婚を促す話をしました。しかし彼女は別れるつもりも家を出るつもりも毛頭ありませんでした。

結果、最近兄が家出をしてしまい、帰って来なくなってしまいました。まだ電話もつながっていません。警察に相談も考えましたが、ラインを送ると返信は来ませんが既読になっているので、とりあえず居場所を明かしたくは無いのだろうと思い、公にはしていません。

両親は複雑な心境のようです。おそらく友人の家に泊まっていると思うので、連絡をとっていきたいと考えています。

失踪人調査ステップ7 No comments

小学生の頃、友人Aが頻繁に失踪をくりかえしていた

私は小学校低学年の頃から、よく友人Aとすごく仲が良かった。毎日のように遊んでいました。友人Aは女の子で、学校でもすごく人気で面白い子でした。

しかし、ある日友人Aの親が離婚しました。離婚した時、Aは全然悲しそうにしていなかったです。でも、無理に笑顔を作っているのはわかってました。

離婚したのはAが小学校6年の時でした。そのころからAの周りの友達が変わり始めていたのです。

今まで私や、ほかの友人と遊んでいたのが、急にヤンキーの先輩達と遊びだしたのです。あれ?あんな先輩と仲良かったっけ?と私たちは口々に話していました。

そのあたりからAは学校に来ない日がほとんど。私はすごく悲しかったです。

学校がおわり家に帰る途中の公園でいつもその先輩達とたむろしていて嫌な気持ちになりました。

ある日、Aのお母さんから私の家に電話が。「A、来てない?昨日も帰ってきてないんだけど」というような電話が度々ありました。

私は先輩達といるんだとわかっていました。そんな日々が続き、私たちは中学生になりました。

中学生になると、小学校のときよりも怖い先輩が沢山いて、Aはすぐにその先輩達と仲良くなりました。学校に来てないグループでゲームセンターにたむろしたり、もうAは私の知らない存在になっていました。

それから10数年間経ち、私たちは26歳に。Aは未だに悪いことをしていると噂で聞きます。家庭環境って子供にすごく影響するんだと実感しています。